メニュー

作曲者別

ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
  Benvenuto Cellini (Berlioz)


作品紹介 (ベンヴェヌート・チェッリーニ)

このオペラを全く知らない人でも、ベルリオーズの「ローマの謝肉祭」という管弦楽曲を知っているクラシックファンは多いと思います。短くて華やかな曲なので、かつてはオーケストラの演奏会の第一部でよく取り上げられていました。

「ローマの謝肉祭」は、この「ベンヴェヌート・チェッリーニ」中の旋律をそのまま生かして作られた曲で、このオペラの初演が失敗に終わり、顧みられず消えゆくことを惜しんだベルリオーズ自身が再利用したものです。
なので、このオペラを初めて聴いても、ちょっと初めてのような気がしないはず。(1幕のチェッリーニとテレーザの2重唱や、謝肉祭のランチキ騒ぎの曲などが使われています)

ベルリオーズ自身はこのオペラを傑作と信じて疑わなかったそうですが、 作曲されてから170年以上たつ現在まで、上演も録音もごく稀にしかありません。
でも、同じベルリオーズのオペラ「トロイアの人々」が雌伏150年の後、数年前についにブレイクしていますし、この作品も近年上演が増えていますので、今後再評価される可能性は十分あると思います。

奔放で型破りな天才チェッリーニを描いただけあって、とてもエネルギッシュなオペラで、序曲からしてベルリオーズらしい美しく強力なメロディーが賑々しく次々繰り出され、全編を通してパワフルな歌と合唱が続きますが、しかし同時にもうひとつのベルリオーズの特徴である、分裂気味のメチャクチャさも随所に炸裂していて、その点で良くも悪くもベルリオーズだなあ~、と思わせる作品です。

主役のチェッリーニが何しろ放蕩者ですので、下手をすると単なるワガママ野郎の話に終わってしまいがち。なので、このオペラに説得力と観衆の共感を持たせるためには、タイトルロールに魅力的なカリスマテノールが必要だと思います。求む、チェッリーニ!


あらすじ (ベンヴェヌート・チェッリーニ)

16世紀のイタリアの実在の彫刻家、ベンヴェヌート・チェッリーニが主人公。教皇よりペルセウスの彫像の注文を受けたチェッリーニが、恋人のテレーザをライバルの彫刻家フィエラモスカと争ったり、次々に巻き起こるトラブルに大騒ぎを起こしながら、約束の期限までに彫像を完成できるのか?というドタバタが描かれる。期限までに完成できなければ死罪、という中ギリギリ奇跡的に完成し、テレーザとも結ばれてメデタシとなる。

※詳しいあらすじはWikipediaをご覧ください → ベンヴェヌート・チェッリーニwiki



お薦め動画

●全曲(音声のみ) グレゴリー・クンデ



●1幕 チェッリーニとテレーザの2重唱(+フィエラモスカの3重唱)
2007年 ザルツブルク音楽祭(指揮:ゲルギエフ)



●1幕 テレーザのアリア 「愛と義務の間で」 アニック・マシス



●1幕 チェッリーニのアリア 「栄光は私の唯一の憧れだった」"La gloire etait ma seule idole" グレゴリー・クンデ



●2幕 チェッリーニのアリア 「荒涼とした山で」"Sur les monts les plus sauvages" ニコライ・ゲッダ




●ローマの謝肉祭




▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system