メニュー

作曲者別

シェルブールの雨傘(ミュージカル)
     Les Parapluies de Cherbourg


作品紹介(シェルブールの雨傘)

シェルブールの雨傘は、1964年のフランスのミュージカル映画で、カトリーヌ・ドヌーヴ主演でカンヌのグランプリを受賞した名作です。
もう半世紀も前の作品なのに、全く古さを感じない、良い音楽は本当に時代を超えるものです。

2014年、オペラを引退宣言したわれらのフランスの歌姫ナタリー・デセイが、このミュージカルの舞台に立つというので、楽しみにビデオを見ました。

パリのシャトレ座、指揮は作曲者ミシェル・ルグランご本人です!(50年後だというのに、全然お元気!)
幕が開いたその瞬間から、もうフランスの香りに圧倒され、ノスタルジーと、それだけではない新鮮な生気とに浸りました。

ナタリー目当てで見始めたけれど、しだいに目は主役(ジュヌヴィエーヴ)のマリー・オペールに釘付け!ジュヌヴィエーヴの設定と同じ、まだ17歳なの!!と驚くほど歌も演技も上手けりゃ、そりゃあもうフレッシュな果実のように奇麗!若いって素晴らしい~

ナタリーはどこから見ても立派な彼女の「お母さん」で、でも実際にお母さん世代で年相応のシワも獲得した彼女が、年相応の役を演じられるというのは、とても幸せなことのように見えました。オペラでは娘役を演じるしかなかった49歳の彼女が、自分で選択した役です。

恋人のギイ役は人気俳優のヴァンサン・ニクロが手堅く歌い、ジュヌヴィエーヴをもらい受ける宝石商役は、ナタリーの夫のロラン・ナウリ。彼も若い頃はカッコよかったけど、やはり年相応に髪が減ってオッサンになり、ナタリーとよい夫婦ですね。(その彼が、ジュヌヴィエーヴの方に求婚するから、「そっちかい!おっかさんの方でいいでしょ!」と突っ込みたくなりましたが・・)

この作品は、セリフが全て歌で歌われるのが特徴で、オペラのレチタティーボと似てるけど、でもジャズ風のメロディーにのったフランス語はとても軽やかで自然で、レチタティーボよりも画期的な気がします。全て歌、と言っても、ノートルダム・ド・パリのように歌のナンバーで次々つないでいくのとも違い、テーマとなるあの有名なメロディーが繰り返し登場し、その度に切なくなります。

ストーリーは、シェルブールで雨傘店を営む母と二人暮らしの17歳のジュヌヴィエーヴが、恋人のギイに召集令状が来て戦地に行っている間に妊娠を知り、でも連絡も途絶え生死も分からない男を待つことができず、苦しい生計を助けてくれるという宝石商の求婚を受け入れるが、数年後のクリスマスに偶然再会し、心を乱しながらもそのまま別れるという話。出征前に、「二人に子供が生まれたら、男の子だったらフランソワ、女の子だったらフランソワ―ズと名付けよう」と夢見ていた通り、ラストでそれぞれの子供に、フランソワ、フランソワ―ズと名付けられているのです。

※詳しいあらすじは、wikipedia でどうぞ。



お薦め動画

● 冒頭 作曲者ルグラン氏登場で拍手が湧きます



● その後のダンスシーン。粋ですねえ!



●母娘の対話シーン



●ラストシーン ジュヌヴィエーヴちゃんが大人の女性になってます・・



●ダイジェスト(愛のテーマ)



●映画の名シーン(愛のテーマ)はこちら ちなみに映画では歌は吹き替えです。



▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system