メニュー

作曲者別

キリストの幼時(ベルリオーズ)
      L'Enfance du Christ (Berlioz)


作品紹介(キリストの幼時)

”ベルリオーズは、オペラではないけれど「劇的物語」「劇的交響曲」と名付けた声楽つきの作品をいくつか作っていますが、この「キリストの幼時」は、隠れた佳作です。

ベルリオーズ独特の「狂気」はなりを潜め、むしろ穏やかな慈愛に満ちた音楽で、疑似古典的なメロディーが温かく、フランス語の雰囲気と共に何ともいえず美しい。

イエス様が幼い頃に、ヘロデ王に追われたヨゼフとマリアが幼子を連れて出奔する話です。
清廉なヨゼフとマリアが、苦難にも屈しない毅然とした姿が感動的です。

当然オペラではないので、通常の演奏会形式で上演されますが、是非お聴きになってみてください。清らかな気持ちになることうけ合いです! 例えば・・


〜 長い旅路の途中、聖家族は泉のほとりで休息をとります。マリアは言います。
「ご覧なさい、この柔らかい草花の敷物を!主が私たちの息子のために砂漠に敷いてくださったのです」 〜


この神々しいシーンは、なんとテノールの語り手によって歌われます。
アラーニャの感動の名唱でお聴きください。



●聖家族の休息  "le repos de la Sainte Famille" ロベルト・アラーニャ



●2本のフルートとハープのためのトリオ
マリアとヨゼフが旅の途中、一夜の宿を探すも断られ続け、やっと迎え入れてくれた家で、もてなしの演奏をしてくれる大変美しい曲です。



●羊飼いの聖家族への別れ シャルル・ミュンシュ指揮



●全曲
語り手(テノール)は期待のフランス人テナー、スタニスラス・ド・バルベラック(1984年生まれ)



●クリュイタンスの名盤はこちら(音声のみ)
まさにフランスの香気が素晴らしく、歌手陣も完璧な布陣で、私のお気に入り盤です。
(ニコライ・ゲッダ、ロス・アンへレス、ロジェ・ソワイエ、エルネスト・ブラン)





▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system