メニュー

作曲者別

ファウスト お薦め動画(1)
  1975年 パリ・オペラ座 ニコライ・ゲッダ



ファウストのお薦め動画は、1975年パリ・オペラ座(指揮:マッケラス)、かつてLDで発売されていた名演です。

重厚な中に煌めきのあるオーケストラの音が美しく、何よりラヴェッリの演出が素晴らしい!

物語の舞台を中世から19世紀のパリに移しかえた演出は、当時としてはかなり前衛的だったのだそうですが、違和感がないどころか、むしろこの曲が作られた当時の風俗がかえって曲にぴったりで、本来の姿、という気さえします。

衣装や化粧が、ロートレックの絵画のようで、パリの香りに満ち、フランスオペラらしさ満点。ただし、1975年当時は新しすぎて批判が多く、あまり成功した公演ではなかったそうです。2001年に同じ演出で再演されていて、動画もありますが、やはりこの1975年の舞台の方がはるかによいです。

名歌手ゲッダとフレーニの両主役は、表現力豊かな艶のある声で素晴らしいですが、それに劣らず秀逸なのがメフィストフェレス役のフランス人、ロジェ・ソワイエ。

いかにも「パリジャン」という風のクールでダンディな悪魔ぶりで、声はあくまでソフトでフランス語の響きが甘く、立ち姿は美しく、なんとも粋で魅惑的なメフィストです。(誘惑されるマルトおばさんも、このメフィストなら、そりゃイチコロでしょう・・と納得) 

ソワイエの歌うフランス語は、それは軽やかで夢のように美しい響きで、感動すると同時にある意味大変ショックでした。フランスオペラは本当はこうなんだ、フランス語が母国語でない人の歌では、本来の魅力は表現しきれはしないのだ、と。 外国人の歌った鈍重なメフィストとはまったく較べようもありません。。

ファウストとメフィストは、お揃いのタキシードにシルクハットといういでたちで旅に出ます。ファウストを見守るメフィストの眼差しが、いつも優しく幼子を見守るようなのが心憎い。

最後のシーンでも、絶望したファウストを、神の光に包まれたマルガリーテから守るように、抱きかかえるメフィストが泣けます。(この最後の3重唱は、私がオペラの中で最も愛するシーンです)

そして、天上からの使いは、なんとまあ、裸足で石けり遊びをしながらユラユラと登場してくる少女。その穢れのない清らかさは、もう衝撃的でした!

演出によっては、最後に断頭台の刃が落ちてきたり、なんて残酷すぎるものもありますが(生首がコロコロなんてのまである〜(>_<))、この舞台のラストは、まさにグノーに相応しい美しく優しい最後だと思います。


→ ファウストの曲紹介と詳しいあらすじはこちらから



●金の仔牛の歌 ”Le veau d'or” 06:40〜   Roger Soyer メフィストのダンディぶり!



●清らかなこの住まい ニコライ・ゲッダ



●宝石の歌 ミレッラ・フレーニ



●2幕  ちょっとコメディ仕立て&パロディ(モーツァルト)の部分も見所。
こんな甘い声のメフィストは他にいません。これぞフランスオペラですね



●2重唱   ゲッダとフレーニ、大歌手二人の見事なデュエット



●教会のシーン  この演出も粋ですねえ! なんて現代的でクールなんでしょう。



●フィナーレ 3重唱   シンプルですが歴史的名シーンだと思います。



●全曲はこちらから






▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system