メニュー

作曲者別

ジェロルスタン大公妃殿下(ブン大将)オッフェンバック
  La Grande-Duchesse de Gérolstein(Offenbach)


作品紹介(ジェロルスタン大公妃殿下)

このオペレッタは、大正時代の浅草オペラで「ブン大将」の邦題で大人気だったのだそうですが、私もさすがにその世代ではないので当時のことは全く知りません。でも、こんな素敵な作品が、日本の大正時代の大衆に人気があったなんて、嬉しいじゃないですか!

「ジェロルスタン大公妃殿下」は、オッフェンバックのオペレッタの中でも、軽快な楽しさ、底抜けに明るくホノボノとした温かさで第一級です。しかも音楽の素晴らしいことといったら、アンサンブルや合唱の見事さはホフマン物語を思い出させます。
オッフェンバックのオペレッタを最初に聴くなら、この作品がお薦めかも、と思います。

ストーリーは、独身のジェロルスタン大公妃殿下(女王様みたいなもの?)が、自国軍隊のイケメン一兵卒(フリッツ)を気に入り、彼を自分のものにしようと無理矢理昇進させて将軍にまでしたものの、彼には可愛い恋人(ヴァンダ)がいて、怒って暗殺計画まで起きるけど結局彼らを許し、私は定められた婚約者で妥協しますわ、ってお話。他愛ない話ですが、登場人物がいいキャラで楽しい!



お薦め動画

今回の動画も、またまたミンコフスキー(指揮)&ロラン・ペリー(演出)の黄金コンビです。
天国と地獄美しきエレーヌに続いての、このコンビでのオッフェンバック第3弾ですが、相変わらず素っっ晴らしい!!
キビキビ生きのいい音楽と、マンガチックながら叙情的な舞台。

しかも歌手が、美しきエレーヌでの名コンビ、フェリシティ・ロットとヤン・ブロンなのですよ〜〜
まあ! またあなたたちに会えたのねっ!!と嬉しくなってしまいました。この2人、本当に芸達者で楽しくて最高です。ただ、ブロンがやや若々しさが衰えたのが残念だけど・・(ピチピチが素敵だったでね〜) 
ロットの方はお茶目で元気なオバサマぶりは健在です。彼女は演技だけでなく、声音も様々な表情豊かに歌い分けられて素晴らしい。普段はお上品な伯爵夫人や歌曲なんか歌ってるのだけど、オペレッタの天才かと思います。

ヴァンダ役のサンドリーヌ・ピオーは、真面目な知性派歌手のイメージなのに、お転婆少女の可愛い仕草や表情がとても上手くて感心、フランソワ・ルルーのブン大将たちの3人組も振付けも特訓していい味出してます。



2004年 パリ・シャトレ座 (指揮・ミンコフスキ、演出:ロラン・ペリー)

●大公妃の「軍隊は大好きよ」の歌



●ブン大将の歌   フランソワ・ルルー



●「私の父の剣」



●2幕の3重唱  実に名シーン! ホフマン物語みたいですね〜
おじさん3人が、踊りながらこれだけ長い3重唱を歌うのだから、まったくお見事、感服しました!



●フィナーレ



●こちらから全曲




▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system