メニュー

作曲者別

ハムレット(トマ) あらすじ STORY



あらすじ(ハムレット)


※原作はシェークスピアのハムレットですが、ここではトマのオペラのあらすじを記載しています。


(1幕)

悲劇的な序曲で始まった後、華やかなファンファーレと入場行進で幕が開きます。

宮廷の広間で、新王クローディアスが、「兄の妻であったそなたは、デンマークの民の期待に応えて我が妻となり、再び王妃となるのだ」と告げて、ガートルード(ハムレットの母)の頭上に王冠を載せます。人々は「先王が亡くなった悲しみは、この祝福で消えゆくでしょう」と歌い、新王の結婚を祝福します。

父を亡くしたばかりのハムレットは、たった2か月で母が他の男の妻になったことにショックを受け、「涙は数日で消えるとは、女はこんなに移り気で心弱いものか」と嘆きます。恋人オフィーリアが現れ、「どうして目をそらすのですか。私を忘れてしまったの」と問うと、「約束を1日で忘れるような、女心のような薄情さは持ち合わせていない」と答え、オフィーリアを傷つけます。

しかし彼をひたむきに愛する彼女を知っているハムレットは、「光を疑うがよい、太陽や天地をも疑うがよい、しかし私の愛は決して疑うな」と歌い、オフィーリアも「聖なる光よ、私たちの愛の証人になってください」と答えて、永遠の愛を誓う二重唱になります。

そこにオフェーリアの兄が現れ、任務でノルウェーへ発たなければならないので、自分に変わって妹を頼む、とハムレットに託します。

城では祝宴が始まり、酔っ払った者たちの陽気な歌が聞こえます。そこへハムレットの親友であるホレーショとマーセリュスが青ざめた顔で現れます。亡き王の亡霊を見たという二人は怯えながらハムレットに報せ、3人で亡霊を待ちます。

城内から祝宴の音楽が聞こえる中、真夜中の鐘が鳴り、亡霊が現れます。ハムレットたちは恐怖に慄きながら、「おお父よ、お答えください。なぜ冷たい土の中から起き上がられたのですか」と問うと、亡霊は他の二人は場を外すよう命じた後、「神聖な力がおまえに命じるために遣わした。復讐するのだ。あの男は私が寝ている時に毒を注いだ。ハムレットよ父の仇を討つのだ! しかし母の罰は神に委ねなさい」と告げます。
恐ろしい真実を知ったハムレットは、すべてを捨てて復讐を決意をします。




(2幕)

オフェーリアは、ハムレットが急に冷たくなったことに悩み、「私を見ると逃げてしまうし、すっかり変わってしまった・・もう私を愛していないのだわ」と嘆きます。

そこにハムレットの母ガートルードが現れ、泣いている理由を尋ねます。「彼は私を避けて、もう愛していないのです」と答えるオフェーリアに、「そんなことはありません。あの子の心を鎮めることができるのはあなただけよ、どうか助けてあげて、母からのお願いです」と訴えると、オフェーリアも頷きます。

オフェーリアが去ると新王が現れ、「ハムレットの様子がおかしい、真実を知っているのでは」と不安を口にすると、ガートルードは恐ろしい罪の意識に怯えます。新王が「死者は目を覚ましはしない」と宥めても恐怖はおさまりません。

ハムレットは新王に、あなたたちに芝居をご覧頂きたい、と申し出ます。ハムレットに譲歩の態度を示したい王は、望み通りにするがよいと許可し、役者を招いて広間で黙劇が上演されることになります。 ハムレットは酒の勢いにまかせ、「甘美な酒よ、私の悲しみを忘れさせてくれ! 酔いよ、人生の暗い絶望を忘れさせてくれ!」と歌い、いよいよ黙劇が開演します。

始まったのは、王の暗殺劇。現実の出来事とそっくりの話に、王も王妃は青ざめ、他の人々は驚きます。
劇中の暗殺者が王冠を自らの頭上に載せたところで、ハムレットが王に「どうしました?青ざめていますよ」と尋ねると、王は「耐え難い侮辱だ!」と激怒し、場が凍りつきます。しかしハムレットは酒の歌を歌って高笑いし、人々は「ああ、彼は狂っている!身も凍る恐ろしい日だ!」と喧騒のうちに幕を閉じます。




(3幕)

ハムレットは自問します。「彼を殺すこともできたのに、私はどうしてぐずぐずしているのだろう・・・生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ・・」

そこへ新王が現れます。ハムレットには気づかずに後悔した様子で「神よ、どうか兄の怒りを鎮めてください」と祈る姿を見て、殺そうとしたハムレットは「『その時』は、祈っている時ではなく玉座にある時だ」と思いなおします。
そこへオフェーリアの父が現れ、我々に不利なことは言わないように、と言うのを聞いて、ハムレットは愕然とします。愛するオフェーリアの父が共犯であったことを知り、忌わしい真実に怒りに震えます。

そこに母とオフェーリアが現れます。彼女との婚礼を薦める母に、先ほどのショックに動揺しているハムレットは、オフェーリアに「尼寺へ行け!」と冷酷に言い捨てます。驚くオフェーリアは、誓い合った愛だけが全てだったのに、と悲しみに崩れます。

母は、忠告に従うようハムレットに懇願しますが、ハムレットは母の不貞と殺人の罪を糾弾します。うろたえた母は、「哀れな母を許して、苦しみに泣き伏し、息子に膝まづいて赦しを請うているのです」と訴えますが「人殺し!」と罵倒します。しかしそこに、彼を呼ぶ父の声がし、「罪を忘れるな、しかし母は赦してやれ」と命じます。

亡霊の姿は母には見えず、怯えて「ハムレット、本当に狂ってしまったの?」と問いますが、「私は正気です。父の声を聞き、怒りも鎮まりました」と答えます。




(4幕) オフィーリア狂乱の場 

夜が白々と明けかけた頃、オフィーリアが小川の流れる野にさまよい出てきます。

「お城を出てきたのよ。、私もまぜてちょうだい、私はハムレットの妻のオフィーリアよ。私たちの心は強く結ばれているの。彼が私から逃げたなんて誰かが言っても信じちゃだめよ、ハムレットは私の夫・・・ あの人が誓いを破ったりしたら、私はおかしくなってしまうわ。皆さんにお花をあげましょう。さあ、どうぞ。」(花を配る)

「私の歌を聞いてね」と言って、オフェーリアは歌い続けます。
金髪のヴィリスは湖の底に眠る・・・夫の腕に抱かれた幸福な妻が羨ましい・・・・ラララ・・・
水の精はあなたを湖の底にひきずりこむ・・・さようなら、空よ、愛する人よ、永遠に・・・・ラララ・・・
なんて酷い、ああ愛しています、私はあなたのために死にましょう・・・

(ハープと合唱が天上の音楽を奏でる)

「彼があそこに! こんなに待たせて・・・ああ純白のヴィリスよ。」
・・・『光を疑うがよい、太陽や天地をも疑うがよい、しかし私の愛は決して疑うな』・・・

オフィーリアはふらふらと小川に入って行き、そのまま姿が消えます。

(注:ヴィリスとは、欧州の伝説に登場する結婚前に亡くなった花嫁の精霊)



(5幕)

二人の墓掘り人夫が、歌いながら墓を掘っています。
「貴婦人も王子も、老人も若者も、ブロンドもブルネットも、誰もが墓にやってくる。昼の次にゃ夜が来るのが定めってもの。愛も金も名誉も、全ては虚しい。でも酒だけは別さ!」

誰の墓かと尋ねるハムレットに、「名前をきいたが忘れたよ」と答えます。

しばらく放浪していたハムレットは、オフィーリアだけには可哀想なことをした・・と後悔しているところへ、オフィーリアの兄が現れます。
「裏切り者!妹を守ると誓ったのに、何をしたのだ!」と激怒する兄は剣を抜き、二人は決闘になってしまいます。
ハムレットの剣が彼を突いた時、葬送の歌が聞こえ「誰の葬列だ?」と問うハムレットに、「知らないのか!?」と驚きます。

「まだ咲かぬ蕾が嵐に散るように、彼女は死んでしまった、若く美しいまま・・・」という葬列の歌に、初めてオフィーリアの死を知ったハムレットは驚きます。
「何という罪だ!おまえを失ってしまって、ああ、私も死のう!」と嘆くハムレットの前に、再び亡き父の亡霊が現れます。

「息子よ、務めを果たすのだ! ハムレット、誓いを守るのだ!」と迫る声に、決意したハムレットは、葬列に参列していた義父をめがけ剣を突き刺します。

復讐を果たしたハムレットに、亡霊は「おまえが王になれ」と告げ、ハムレット「私の魂は墓の中・・・そして私は王だ」とつぶやき、群衆が「我らが新王、万歳! ハムレット万歳!」と讃える中、茫然と立ち尽くします。

(※ハムレットが死ぬ版では、「オフィーリア、私も君と共に死ぬ」とつぶやいて絶命し幕が降ります)




▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
サビーヌ・ドゥヴィエル(S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
バレエシーン in グランドオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system