メニュー

作曲者別

フランス語のイタリアオペラ


「フランスオペラ」とは違うのですが、イタリアの作曲家がフランス語の台本で作ったオペラというのが結構あります。
「なんでフランス語・・?」と疑問に思う方のために、簡単にご紹介しようと思います。

19世紀当時、パリは世界の芸術文化の中心でしたので(今でもそうですが・・)、作曲家にとってパリで認められることは重要でした。
そのため、イタリアで活躍した後にパリに移住して作曲したり、パリの劇場の委託で作曲したオペラが多数あり、多くはフランス人好みの華麗でロマンティックな作風で作られています。

仏語の伊オペラの上演形態には、大きく分けて、次の3つがあります。

(1) もともとフランス語で作られて、今も主にフランス語で上演される作品 (「連隊の娘」など)
(2) もともとフランス語で作られたが、その後イタリア語版での上演が主になっている作品(「ドン・カルロ」など)
(3) もともとイタリア語で作られたが、フランス語の別バージョンもある作品(「ランメルモールのルチア」など)


しかし・・・聴いてみて思うことは、仏語の伊オペラをフランス人でない人が歌うと、はっきり言って、何言ってるのかサッパリ分からない! そもそもフランス語か否かも、しばらく聴いてみないとわからない・・・ こういうのを初めて聴いた人は「フランス語のオペラは苦手だ」と思うんだろうなあ〜、とちょっと納得してしまいました。
もともとフランス人に聴かせるために仏語で作られたわけですから、外国人が外国の歌劇場で上演した場合、「フランス語である意義」があまり感じられないかもなあ・・・

その点ではやはり、われらがナタリー・デッセイとロベルト・アラーニャは言葉の明瞭さと美しさの点では断トツです。彼らの歌で聴けば、フランス語版の価値を感じて頂けると思います。(フローレスも母国語ではないが結構上手い)



ヴェルディ  「シチリア島の夕べの祈り」 Les vêpres siciliennes

1854年 第1回パリ万国博覧会のために、パリ・オペラ座からの依頼により作曲されました。
フランスのグランド・オペラの形式で作られ、バレエが付加されています。 後にイタリア語版も作られましたが、主にフランス語で上演されます。

●2013年 ROH 指揮:パッパーノ   ブライアン・イーメル、アーウィン・シュロット




ヴェルディ 「ドン・カルロス」 Don Carlos

パリ・オペラ座の依頼により作曲され、1867年にオペラ座で初演。
オリジナルはフランス語版ですが、同年にイタリア語版「ドン・カルロ」が作られ(言葉だけでなく音楽も若干異なる)、現在はイタリア語版の上演の方が多い。

●1996年 パリ・シャトレ座  ロベルト・アラーニャ、カリタ・マッティラ、トーマス・ハンプソン、ジョゼ・ヴァン・ダム
イタリア語版と比較して、よりロマン的、叙情的なフランス語版の魅力を堪能できる名演です。




ドニゼッティ 「連隊の娘」 La fille du régiment

1840年、パリのオペラ・コミック座の依頼により作曲されました。
後年イタリア語版も作られましたが、現在はフランス語版の上演が主流です。特にフランス人ソプラノ、ナタリー・デッセイの当たり役となり、軽やかなフランス語の魅力が広まりました。

●2008年 メト  ナタリー・デセイ、ファン・ディエゴ・フローレス
ナタリーのマンガチックな演技が大人気となった、有名なロラン・ペリーの演出です。デセイ&フローレスの黄金コンビ。




ドニゼッティ 「ランメルモールのルチア(リュシー)」 Lucie de Lammermoor

もともとはイタリア語で1835年に作曲されたオペラ。
イタリア当局の検閲を避けてパリに移住したドニゼッティが、パリで上演するために、1839年フランス語に改作しました。言葉だけでなく、登場人物やストーリーも大幅に変更されています。
現在はイタリア語版上演が主流ですが、仏語版も別バージョンとして評価が高い。

●フランス語版  全曲  2002年 リヨンオペラ座   チョーフィ、アラーニャ、テジエ
リュシー(ルチア)役チョーフィの鬼気迫る演技が凄い!一幕から既に狂乱の場かと思う迫力だったけど、本番になったらまさに彼女の一人舞台に目が釘付け! アンリ(エンリーコ)役テジエのクールな白目も怖くて素敵、エドガール(エドガルド)役アラーニャは1幕でハイEs(ミ♭)を出してます。



●2重唱  ナタリー・デッセイ & ロベルト・アラーニャ
上記と同じメンバーでのリヨンの録音ですが、CDはリュシーがデセイです。




ドニゼッティには、他にも下記のフランス語によるオペラがあります。

●ファヴォリータ
●リタ
●ドン・セバスティアン




ロッシーニ  「オリ―伯爵」 Le Comte Ory

イタリアからフランスに移住したロッシーニが、1828年にパリ・オペラ座で初演したオペラ。
フランス国王の戴冠式のために書かれた「ランスへの旅」から、多くの曲が転用されています。

●全曲  1999年 グラインドボーン音楽祭




ロッシーニ  「ウイリアム・テル」(仏語読みはギヨーム・テル)

1829年 パリ・オペラ座で初演。 序曲が有名ですが、全体にフランス的な美しいグランドオペラです。

●別ページに詳細を掲載していますので、こちらをご覧ください → ギヨーム・テル




▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system