メニュー

作曲者別

サムソンとデリラ (サン=サーンス)
      Samson et Dalila (Saint-Saëns)



作品紹介(サムソンとデリラ)

サムソンとデリラは旧約聖書に基づく物語で、怪力の英雄サムソンと異教の美女デリラを中心にした、ヘブライ人とペリシテ人の民族間の争いのドラマです。

当初はオラトリオとして構想されたそうで、民衆の合唱がふんだんに使われ重要な位置を占めているところにその面影があります。冒頭の長い合唱では四声のフーガもあり、さながら宗教曲の大作という趣です。

しかし、現在このオペラで一番有名なのは、バレエ音楽の「バッカナール」(酒神の宴)。
宿敵サムソンを捕らえたことに狂喜するペリシテ人の饗宴シーンで踊る、熱狂と陶酔の渦のようなバレエです。

フランスオペラといえば、Grand Opera=豪華なバレエつき、というイメージを持つ方も多いかもしれませんが(「オペラ座の怪人」の印象で)、19世紀前半に流行ったそれらのバレエつきグランドオペラも、現代まで残っている名作はそれほど多くありません。

その中で、このバッカナールは単独で演奏されることも多い名曲です。(特に吹奏楽でよく演奏されるようです)
異国情緒たっぷりで激しく官能的な音楽は、クラッシックバレエよりもモダンバレエが良く似合い、斬新な振りつけのバレエでたくさん上演されています。
グランドオペラに挿入されるバレエの中では、最も見ごたえのあるものだと思います。
下に、3種類のバレエ動画を載せていますので、どうぞご覧になってみてください。

標題役の二人は、共に絶唱型のドラマティックテノール、ドラマティックメゾ、の迫力の構成。
フランスオペラは大抵はリリックで甘美な声の主役ですから、このオペラはちょっと珍しいかもしれません。しかしデリラ役は、サムソンを誘惑する官能的な歌の他に、最後の最後の歌でなぜか突然バロックオペラ風のコロラトゥーラが出現し(ペリシテ人の祝祭の歌。大僧正との輪唱風の2重唱でとても素晴らしい!)、重い声ではつとまらない難役です。

美女デリラは祖国のためにサムソンを誘惑して騙し、サムソンは最後に神から授かった力でペリシテ人の神殿を崩落させ、自爆テロのように敵を皆殺しにして自らも果てる、という壮絶なラストであります。

前述した通り当初はオラトリオとして作曲されたため、合唱が重厚でとても素晴らしく、私は個人的に、いつかこのオペラの合唱を歌ってみたい・・というのが夢のひとつです。


 → サムソンとデリラの詳しいあらすじはこちらから



お薦め動画(サムソンとデリラ)

●バッカナール   まずはメトのバレエ。最高に素晴らしい!



●同じくバッカナール  2001年 バルセロナ リセウ大劇場



●あなたの声に心は開く Mon coeur s'ouvre à ta voix
1981年 ROH  ヴィッカース、シャーリー・ヴァーレット



●春の訪れ  Printemps qui commence マリア・カラス



●こちらから全曲  2002年  アルチンボルディ劇場(ミラノ・スカラ座管弦楽団)
プラシド・ドミンゴ、オルガ・ボロディナ、ジャン=フィリップ・ラフォン、イルダール・アブドラザコフ
ダリラ役のボロディナが自分で「私に一番合っている曲」というだけあって、低音から高音まで見事な歌いっぷりだこと。最後のコロラトゥーラも完璧で、これは惚れる!

(1幕)02:30〜、(2幕)50:40〜、(3幕)1:33:25〜、
(バッカナールのバレエ)1:45:30〜、(ダリラと大僧正の2重唱)1:59:45〜


フランス語ネイティブはラフォン(大僧正役)だけですねえ。やっぱり全然違うわ・・・ フランス人キャストで見てみたい曲です。



●愛よ、弱き私を助け給え "Amour! viens aider ma faiblesse" オルガ・ボロディナ






▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
サビーヌ・ドゥヴィエル(S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
バレエシーン in グランドオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system