メニュー

作曲者別

バレエシーン in グランドオペラ
  Le ballet dans le grand opéra


「グランドオペラ」の特徴のひとつはバレエが入っていることで、これによってオペラがより華やかで心踊るものになります。私はオペラの中のバレエシーンが大好きです!

しかし、この素晴らしい「オペラの中のバレエ」は、現代のバレエファンにもオペラファンにもあまり顧みられることがなく、勿体なくてちょっと淋しい・・と常々思っていましたので、ここで一挙大紹介いたします。フランスオペラだけでなく、ヴェルディやワーグナーもありますよ!

(目次) 各クリックでジャンプします。 


サムソンとデリラ(サン=サーンス)・バッカナール

悪魔のロベール(マイアベーア)・呪われた尼僧のバレエ

ギヨーム・テル(ロッシーニ)・婚礼のバレエ、祭りのバレエ

ファウスト(グノー)・ワルプルギスの夜のバレエ

ル・シッド(マスネ)・スペインの踊り

トロイアの人々(ベルリオーズ)・王の狩りと嵐

アイーダ(ヴェルディ)・凱旋シーンのバレエ

マクベス(ヴェルディ)・魔女たちのバレエ

タンボイザー(ワーグナー)・バッカナール

ドン・カルロス(ヴェルディ)・エボリの夢



サムソンとデリラ(サン=サーンス)・バッカナール

グランドオペラ内のバレエでは最も有名と思われるこの「バッカナール」(酒神の宴)、宿敵サムソンを捕らえたことに狂喜するペリシテ人の祝宴での乱舞です。

●メトロポリタン歌劇場ガラでの、モダンでクールで、活力に溢れた素晴らしいバレエをご覧ください。


▲ページトップに戻る


悪魔のロベール(マイアベーア)・呪われた尼僧のバレエ

グランドオペラ最初の大ヒット作、悪魔のロベールの中でも人気があったバレエです。
ロベールが魔法の枝を穫りに行った尼僧院で、罪を犯して死んだ尼僧たちが墓から出てきてロベールを誘惑しながら踊る、というスゴい設定ですが、音楽もバレエも大変美しい!!

(1985年 パリ・オペラ座:全曲より)
●3幕 呪われた尼僧のバレエ 53:50〜


バレエ後半~


▲ページトップに戻る


ギヨーム・テル(ロッシーニ)・婚礼のバレエ、祭りのバレエ

個人的には、これがオペラ内バレエの最高傑作!と思う素晴らしいバレエです。
このオペラには1幕と3幕の2箇所に長大なバレエが入っていて、両方で高度なバレエを上演するのは困難と思うのですが、1995年ロッシーニ・オペラフェスティバルでの上演はまったく奇跡的!
「バレエ界のマリア・カラス」と呼ばれたというアレッサンドラ・フェリがとにかく素っ晴らしい!!全身がバレエの精! 相手役のホセ・カレーニョも見事。

●1幕のバレエ (6人の踊り)村の3組の新郎新婦の婚礼の踊り 54:49~、
(パ・ドゥ・ドゥ)フェリ&カレーニョ 1:06:30〜 トップスター二人の正統的な美しいバレエです。


●3幕 祭りのバレエ (フェリのソロ) 18:27~ フェリの素晴らしい表現力に圧倒!
(男性群舞)29:20〜 こちらも負けてないカレーニョの躍動感。



▲ページトップに戻る


ファウスト(グノー)・ワルプルギスの夜のバレエ

ファウストのバレエ音楽は結構有名で、これがファウストだ、と思ってる(誤解)方も多いのですが、実際には初演時には無かった音楽で、10年後にオペラ座で上演するために追加されたものです。しかし緊迫したドラマの終盤に、7曲20分ものバレエが挟まるのは何とも場違いで、その後はバレエが上演されることは少なかったのです(小曲として演奏されることは多かった)。 ところが、2004年ロンドンでの上演で、ただの優美な踊りではなく、ストーリーに即した悲劇性とシニカルで諧謔的なバレエを挿入して脚光を浴びました。

●2004年 ROH マクヴィカーの演出によるワルプルギスの夜のバレエ
クラシックバレエをパロディ化したうえで、妊娠を嘲笑される少女や、バレリーナを買春するオペラ座のパトロン達を描き、二重にも三重にも辛辣な見事なバレエです。


●こんなバレエは趣味じゃない・・という方には、オーソドックスなバレエだとこんな感じ(5:37〜)。でもやっぱり、これがあのシーンに挟まるのは無理がないか??


▲ページトップに戻る


ル・シッド(マスネ)・スペインの踊り

ル・シッドのバレエ音楽も、演奏会用の小品としてはそこそこ有名なのですが(特にブラスバンド用として)、これでバレエを踊っているのを見た人は殆どいないと思います。たぶんこの動画だけ、という貴重な映像です。スペインの様々な音楽による舞踊。

●1999年 ワシントン 全曲より (バレエは 1:00:30~)


▲ページトップに戻る


トロイアの人々(ベルリオーズ)・王の狩りと嵐

トロイアの人々は、今でこそ人気オペラのように思われていますが、数年前までは誰も知らないオペラで滅多に上演されず、バレエ映像も殆どありません。
パレエシーンとしては、1幕の祝勝の踊りと、4幕の王宮での踊りがあるのですが、それとは別に4幕冒頭に有名な「王の狩りと嵐」という場面があります。無言劇(パントマイム)と指定され、素晴らしい管弦楽が演奏される中、狩りに出たディドとエネが嵐にあって洞窟に逃げ込み愛が燃えあがる様が暗示されます。嵐の中、洞窟の外で妖精たちが踊り狂い、ここをバレエで表現する演出もあります。

●2014年 ベルリン・ドイツオペラ 4幕 「王の狩りと嵐」 バレエシーン


▲ページトップに戻る


アイーダ(ヴェルディ)・凱旋シーンのバレエ

アイーダを「グランドオペラの代表作」に挙げる人もいるくらいで(広義のグランドオペラ)、豪華な合唱やバレエが入った、実はとてもロマン的なオペラです。有名な「凱旋行進曲」に続いて踊られる、勝利を祝うバレエです。

●超豪華絢爛で有名なメトロポリタン歌劇場伝統のアイーダから。バレエは5:00〜


▲ページトップに戻る


マクベス(ヴェルディ)・魔女たちのバレエ

マクベスの1865年改訂版(パリ版)では、パリで上演するために3幕にバレエが追加されています。
現在はこのバレエシーンはカットされることも多いのですが、下記公演では原典主義のムーティらしく、見事なバレエが挿入されています。

(1997年 ミラノ・スカラ座 全曲より。指揮:リッカルド・ムーティ)
●3幕 魔女の洞窟、魔女たちのバレエ 1:30:50~
モダンな美魔女たちのエグい群舞がイケてます


▲ページトップに戻る


タンボイザー(ワーグナー)・バッカナール

ワーグナーもタンホイザーをパリで上演するにあたり、フランスの流儀にのっとり「パリ版」では1幕冒頭に「バッカナール」というバレエを追加しています。しかしフランスではもっと後の幕にバレエを入れるのが通例であったため、不評だったそうですが。。

●メトロポリタン歌劇場 指揮:ジェームス・レヴァイン


▲ページトップに戻る

ドン・カルロス(ヴェルディ)・エボリの夢

ヴェルディの人気作である「ドン・カルロ」は、元々フランス語版の5幕グランドオペラ形式で作られており、3幕にバレエが入っています。しかし現在は、イタリア語4幕版の上演が主流で、フランス語版が上演される際にもバレエ部分は殆どカットされてしまい、私もこの音楽でバレエが踊られたのを見たことがありません。
エボリ公女の「ヴェールの歌」の後に演じられる「エボリの夢」という、カルロスとの愛を夢見るバレエです。

●2004年 ウィーン国立歌劇場 演出:コンヴィチュニー
この上演では珍しくバレエ音楽が演奏されていますが、残念ながらバレエではなく、主要歌手4人(カルロ、エボリ、エリザベト、フィリポ2世)による無言劇(茶番劇)です。現代設定の家庭で、エボリとカルロ夫婦がフィリポ夫婦をディナーに招き・・・という内容。途中ヴァルガス(テノール)たちがバレエ擬きの踊りを披露するのが可笑しい。


▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
シバの女王(グノー)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
サビーヌ・ドゥヴィエル(S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
バレエシーン in グランドオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system