メニュー

作曲者別

ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
     Notre Dame De Paris


作品紹介(ノートルダム・ド・パリ)

ロミジュリよりも前に、1998年パリ初演。フランス発ミュージカルの先駆けとなった作品です。
全編セリフなしの歌オンリー、という珍しいスタイルですが、これも確かにグランドオペラの血を引いたフランス音楽!

2013年3〜4月、日本公演が行われています。しかし残念ながら英語版。
観に行って来ましたが、やはりフランス語であることはそれだけで意味があると再確認。フランス語の言葉の響きは、それ自体が音楽であり芸術であり、私はやはりフランス語そのものが好きなのだ、と。

ヴィクトル・ユーゴーの原作です。ストーリーは、パリに流れ着いたジプシーの中の美しい少女エスメラルダに恋した3人の男(騎士フェビュス、司教フロロ、醜いせむし男のカジモド)の愛と苦悶、男たちの欲望に翻弄され運命を狂わされるエスメラルダの悲劇。

冒頭で語り部的な吟遊詩人が歌う「カテドラルの時代」が有名ですが、他にも Belle、 Vivre、 Danse mon Esmeraldaなど、名曲が目白押しで、次から次へと歌と踊りだけでどんどんつないでゆくので、カッタルいシーンがないのが特徴的ですね。メロディーはどの曲も大変甘く美しく、親しみやすい。

エスメラルダに恋する3人の男が、しょうもない、と言ってはいけません!
恋人がいながら魅力的なボヘミアンに浮気をする不実な騎士、聖職者でありながら欲情にかられて破滅する司教、醜い己を嘆き、神の不公平を呪うせむし男。それぞれ「しょうもない」ですが、そういう「愚かな人間」の刹那の愛や官能や悔恨や嘆きを歌うのが、オペラやミュージカルなのですよ。

作曲者は、Riccardo Cocciante。仏語読みをするとリシャール・コシアント、イタリア語読みではリッカルド・コチャンテ、この両方で呼ばれることがあります。フランスとイタリアのハーフで、両国で活躍するシンガーソングライター。
普通に歌手として人気があったけれど、このノートルダムドパリのヒット後は、ミュージカル作者としても知られるようになったそうです。ナルホド、フランスとイタリアのハーフと言われると、まさにそんな感じ!の美しい旋律ですね。
コチャンテには「マルガリーテ」などの名曲がありますので、最下にその動画も載せてます。



お薦め動画

● Le Temps des Cathédrales  「カテドラルの時代」  フランス語が美しい!



●Belle  「美しい人」 3人の男がそれぞれに美しいエスメラルダへの想いを歌う



●Ces diamants-la 「ダイアモンド」



●Lune 「月」



●Beau Comme Le Soleil 「太陽のように美しい」



●Ou est-elle 「彼女はどこ?」




●Vivre 「生きる」 囚われの身のエスメラルダが、愛ゆえに生きたい!と訴える



●Danse mon Esmeralda 「踊って 僕のエスメラルダ」 ラストのカジモドの歌



●全曲




●おまけ リッカルド・コチャンテ 「マルガリーテ」 
切なくも熱烈な恋の歌。コチャンテの絶唱と、聴衆の大合唱が大変感動的です。



●もひとつおまけ コチャンテ「春の鹿」 2009年 アレーナ・ディ・ヴェローナ
これも壮大なヴェローナでの聴衆と一体となったパワーのある歌が素晴らしい。



▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
サンドリヨン(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
アッシジの聖フランチェスコ(メシアン)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system