メニュー

作曲者別

ラ・ペリコール(オッフェンバック)
    La Perichole (Offenbach)


作品紹介(ラ・ペリコール)

このラ・ペリコールはあまり知られたオペレッタではありませんが、中に2曲有名な歌があり、その2曲のイメージでとても洒落た印象があります。

1曲は、「いとしい人よ(手紙の歌)」という、ペリコールが恋人に別れを告げるとても美しい歌で、序曲にも登場します。この曲はバレエ音楽「パリの喜び」の中にも入っているので、これでバレエを踊ったことがある、聴いたことがある、という人も多いと思います。甘く切ない素敵な歌です。

もう1曲は、「ほろ酔いの歌」の邦題で知られる、ペリコールが総督邸でご馳走にあやかり、酔っ払って上機嫌で歌う楽しい歌です。

どちらもちょっとシャンソン風で、フランスの現代のミュージカルに出てきてもおかしくないような洒落た歌で、ああ、今のフレンチポップスの源泉が確かにここにある! と思ってしまいます。

しかし、他にもオッフェンバックらしい切れのよい快活な歌がたくさんあり、特に3幕の牢獄でのペリコールとピキヨと総督の3重唱や、その後の脱獄した後のアンサンブルなどもとても素晴らしいと思います。

このペリコールの動画は、1982年のマリア・ユーイングでの上演が日本でもDVDになっている名作です。ユーイングのコケティッシュなペリコールと、わいわい賑やかな雰囲気が楽しい。30年以上も前の映像ですが、十分楽しめます。
先の2曲は、ユーイングの歌もいいのですが、別のなかなか素敵な動画を載せているので、それも是非聴いてみてください!



あらすじ(ラ・ペリコール)

舞台はペルーのリマ。ペリコールとピキヨは町芸人のコンビで恋人同士。お祭りの日に町で歌うもお金は集まらず、空腹で倒れてしまいます。
そこにお忍びで遊びに来た総督が通りかかり、美人のペリコールに一目惚れ。ペリコールは貧乏に耐えかね、ピキヨに別れの手紙を書いて総督のお城へついていき、ご馳走を食べまくります。

手紙を読んで絶望したピキヨは死のうとしますが、総督の部下に「総督の側室の形式的な結婚相手を探している」と誘われ、酔いつぶされてわけも分からずに結婚させられます。酔いが醒めて相手がペリコールだと知ってショックを受けたピキヨは、総督に無礼を働き投獄されてしまいます。
ペリコールは牢獄のピキヨを訪れて変わらぬ愛を告げ、二人で脱獄、怒った総督は町に捜索に出ますが、歌を歌って赦しを乞うペリコールにほだされて最後には二人を許してメデタシメデタシ。



お薦め動画(ラ・ペリコール)

●ペリコール 1982年 ジュネーブ  マリア・ユーイング、ガブリエル・バキエ
ドタバタと賑々しく、楽しい喜劇に仕上がっています。ユーイングとバキエは名演ですが、他の狂言回したちもいい味出してる!
全曲動画が削除されてしまいましたが、日本語字幕つきDVDが発売されています。
・征服者とインディアン娘の歌



●いとしい人よ(手紙の歌)  Mon Cher Amant
これはフランスの小劇場で上演されたものらしく、伴奏もフルオーケストラではなく小規模なバンド風なんですが、これが逆に場末の芸人ペリコールの雰囲気が出てていい感じ!(ミュージカルみたいですよね!) こういうのもオッフェンバックらしくていいなあ。(※下に歌詞を載せました)



●ああ何というお食事(ほろ酔いの歌)  Ah ! quel diner  エリーナ・ガランチャ
なんと、われらがガランチャが酔っ払ってかっこよく歌ってくれてます! 素敵〜〜



●セギディーリャ (ペリコールとピキヨのデュエット)
ロベルト・アラーニャ、ロクサーナ・コンスタンティネスク
町芸人の二人が、投げ銭稼ぎに街角で歌う陽気な歌。男がモテ女に言い寄るが、かわされるという内容です。



いとしい人よ(手紙の歌)

O mon cher amant, je te jure       いとしい人よ、私は誓います
Que je t'aime de tout mon coeur;    心からあなたを愛していることを
Mais, vrai, la misère est trop dure,   でも、本当に、惨めで哀れで
Et nous avons trop de malheur!     私たちはあまりにも不幸です
Tu dois le comprendre toi-même,    どうぞ解ってください
Que cela ne saurait durer,        もう続けられないということを
Et qu'il vaut mieux... (Dieu! que je t'aime!)  その方がよいでしょう(ああ!愛してるから)
Et qu'il vaut mieux nous séparar!     別れた方がよいのでしょう
Crois-tu qu'on puisse être bien tendre, 優しくなれると思いますか
Alors que l'on manque de pain?      ああ、パンもなくひもじい時に
A quels transports peut-on s'attendre,  どうすることができるでしょう
En s'aimant quand on meurt de faim?  飢え死にしようとしている時に
Je suis faible, car je suis femme,    私は弱いです、女だから
Et j'aurais rendu, quelque jour,      そしていつの日か 
Le dernier soupir, ma chère âme,    息絶える時に、いとしい人よ
Croyant en pousser un d'amour...    この愛を信じて
Ces paroles-là sont cruelles,       こんな言葉は残酷だと分かっている
Je le sais bien... mais que veux-tu?... でもどうすればいい?
Pour les choses essentielles,      本当に大切なもののために
Tu peux compter sur ma vertu.      どうかわかってください
Je t'adore!... Si je suis folle,        愛しています、こんなに狂おしいほどに
C'est de toi!... compte là-dessus...    あなただけを頼りにしている
Et je signe: la Périchole,          サインをしましょう、ペリコールと
Qui t'aime, mais qui n'en peut plus!...  あなたを愛しているけれど、もうお別れ


▲ページトップに戻る

・ メニュー ・

トップページ

フランスオペラ ベスト5
ファウスト(グノー)
ホフマン物語(オッフェンバック)
カルメン(ビゼー)
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ウェルテル(マスネ)
他にも名曲が・・・
ロメオとジュリエット(グノー)
マノン(マスネ)
タイス(マスネ)
真珠採り(ビゼー)
ラクメ(ドリーブ)
ハムレット(トマ)
華麗なるグランドオペラ
トロイアの人々(ベルリオーズ)
悪魔のロベール(マイアベーア)
アフリカの女(マイアベーア)
 (別名:ヴァスコ・ダ・ガマ)
ユグノー教徒(マイアベーア)
ユダヤの女(アレヴィ)
サムソンとデリラ(サン=サーンス)
ル・シッド(マスネ)
エロディアード(マスネ)
ウィリアム・テル(ロッシーニ)
知られざるフランスオペラ
ミニョン(トマ)
美しきパースの娘(ビゼー)
ベアトリスとベネディクト(ベルリオーズ)
ベンヴェヌート・チェッリーニ(ベルリオーズ)
ミレイユ(グノー)
イスの王様(ラロ)
ドン・キホーテ(マスネ)
20世紀のフランスオペラ
ルイーズ(シャルパンティエ)
アルテュス王(ショーソン)
ペネロープ(フォーレ)
スペインの時(ラヴェル)
子供と魔法(ラヴェル)
カルメル会修道女の対話(プーランク)
シラノ・ド・ベルジュラック(アルファーノ)
マリウスとファニー(コスマ)
フランスのオペレッタ
天国と地獄(オッフェンバック)
 (原題:地獄のオルフェ)
美しきエレーヌ(オッフェンバック)
パリの生活(オッフェンバック)
ジェロルスタン大公妃(オッフェンバック)
ラ・ペリコール(オッフェンバック)
エトワール(シャブリエ)
いやいやながら医者にされ(グノー)
番外編(オペラ以外)
キリストの幼時(ベルリオーズ)
ファウストの劫罰(ベルリオーズ)
ロメオとジュリエット(ベルリオーズ)
レリオあるいは生への回帰(ベルリオーズ)
放蕩息子(ドビュッシー)
ロメオとジュリエット(ミュージカル)
ノートルダム・ド・パリ(ミュージカル)
シェルブールの雨傘(ミュージカル)
パリの喜び(バレエ)オッフェンバック
フランスオペラの名歌手
ナタリー・デセイ (S)
アンナ・ネトレプコ (S)
ニコライ・ゲッダ (T)
グレゴリー・クンデ (T)
ロベルト・アラーニャ (T)
ブライアン・イーメル (T)
ジョゼ・ヴァン・ダム (B)
その他の歌手(女声)
その他の歌手(男声)
その他
日本語字幕付き全曲オペラ動画
フランス語のイタリアオペラ
オランジュ音楽祭
オペラ用語辞典
オペラ初演年一覧
オペラQ&A
カラオケ de フランスオペラ
プロフィール
お問合せ
リンク集

▲ページトップに戻る 

inserted by FC2 system